Fringe81社長日記Fringe81 CEO's Blog

digitaliceの新機能を説明しよう!【その3】レコメンデーションバナー計測機能/アドベリフィケーション連携機能

佐藤です。

今日は2つの機能をいっぺんにご説明致します。

 

【Fringe81、第三者配信アドサーバー「digitalice」の計測機能を大幅拡張】

http://www.fringe81.com/detail.php?id=34

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【お品書き】

[1]Virginユーザー計測機能

[2]マルチパラメータ付与機能

[3]レコメンデーションバナー計測機能←今ココ

[4]アドベリフィケーション連携機能←今ココ

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

——————————————————–
[3]レコメンデーションバナー計測機能
——————————————————–

第三者配信ベンダーであるレコメンデーションバナーを提供する会社様は

弊社の競合のように捉えている方もいらっしゃいますが、

実は競合でなくパートナーです。

我々は高いパフォーマンスを発揮するレコメンデーションバナーを含めた

全ての広告配信を一元化する事により、正しい成果を見通せる様に致します。

 

———————————–

この機能の特徴:

レコメンデーションバナーもまとめて計測

———————————–

□レコメンデーションバナーの成果を他の広告と同様のシステムで一元的に計測する為、

重複コンバージョンを排除したデータを取得出来ます。

 

□レコメンデーションバナーが持つビュースルー効果を計測する事で、

ユーザに対しどのくらい態度変容を促しているのかを丸裸にします。

 

———————————–

この機能の狙い:

計測者を揃える事による正確なデータの把握

———————————–

□全ての広告を一元化しないと、様々な媒体が自社の定義で コンバージョンを計測する事になり、

1つの成果が複数の成果に見えてしまう事があります。

特にリコメンデーションバナーは成果に直結した広告ですので、

利用をするにあたって常に正しい投資対効果を計らなければ 投資判断を間違う可能性があります。

我々はユニークな計測者として 中立的な立場で成果を取得する事で、

正しい意思決定が出来る情報を提供します。

 

———————————–

この機能で見えてきたこと

———————————–

□そもそもレコメンデーションバナーベンダー毎に

配信するターゲティングに違いがある事

 

□ビュースルー含めた獲得効率で比較する事で

レコメンデーションのアルゴリズムの違いと良し悪しを

しっかりと判断出来る様になった事

 

※あえて数値は書かず曖昧に書いています。

——————————————————–
[4]アドベリフィケーション連携機能
——————————————————–

枠から人へ配信対象が変わる中で出てくるリスクとして

「見られているのか」

「一度に見せすぎでは無いのか」

「不適切サイトで表示されているのでは無いか」

と言った事が挙げられますが、

これらを解決する手段としてアドベリフィケーションシステムを提供している

コムスコア社と連携する事により一段上の可視化を実現しました。

———————————–

この機能の特徴:

見ている人が分かる/見られ方が分かる

———————————–

コムスコア社が提供するシステムにより、下記の項目を新たに取得出来る様になりました。

 

□オーディエンスモデュール

  • 年齢/性別/行動セグメント毎に下記項目を計測
  • ユニークビューワー
  • インプレッション
  • リーチ
  • フリークエンシー
  • GRP

 

□バリデーションモデュール

  • インプレッション計測
  • 配信先ドメイン計測
  • インビュー率計測
  • エンゲージメント(マウスオーバー)計測

 

また、コムスコア社がサイトをカテゴライズしており、

ブランドセーフティの観点より特定のカテゴリへの配信が確認された時に

広告を出さない設定を行えます。(ブロック時のインプレッションも課金対象ではあります。)

———————————–

この機能の狙い:

安全を担保しつつ、視聴の有無を確実に把握

———————————–

□ブランド広告主様がWEBマーケティングにシフトする中で、

配信先の健全性の担保は必須条件です。

本機能はブランドを毀損する可能性のある

広告表示を防ぐ事により、WEBマーケティングに集中出来る環境を作ります。

 

□次に、どの広告主様も気になるのが「その広告が見られているかどうか」です。

通常我々の第三者配信ではビュースルーを通じた計測結果から

統計的に見られているかどうかを判断しています。

多くのの広告主様にとっては結果から振るまいを推定すれば

アクションが打てるので問題では無いのですが、

「見られているかどうか」自体をKPIとする広告主様もおり、

今まではそうしたニーズには答えられておりませんでした。

本機能はブラウザスクロールにより実際に広告が画面に現れているかどうかを計測し、

更にエンゲージメントの計測も合わせて行うことで

ユーザの意識に変化を生んだかどうかを収集する事が出来ます。

———————————–

この機能で見えてきたこと

———————————–

本機能は連携を開始したばかりですので、

これからの調査結果にご期待下さいませ。


   
       
       
   

   


 

 

Author : yuzuru