Fringe81社長日記Fringe81 CEO's Blog

アドテク企業の買収金額を調べるよ

ほんとはタイトルを「調べるお」にしようかとも思ったのですがあまりになんというかなのでやめました。でもすいません。

最近、ORACLEのBluekai、Responsys買収など、にわかにアドテク企業の買収が盛んになっているような感じがするようなしないような。

昨日テッククランチの記事で、大手の企業の買収ヒストリーが載っていました。

インフォグラフィックで見るApple、Google、Yahoo、Amazon、Facebookの企業買収の15年

ここのインフォグラフィックの「Advertising」を抽出して、さらに買収金額が発表されている大きめの買収をグラフにすると、、、

こうなりました。

Screenshot_4

 

 

買収金額でソートして、買った会社の色をつけてみて眺めてみましょう。(以下1ドル100円として)

  • やっぱりダブルクリックの買収で巨大だったのね
  • 大体400億円~270億円の買収レンジが数としては多い
  • InviteMedia81億?
  • Responsysがすごい
  • EfficientFrontierとBluekaiとAdmeldが一緒の企業価値なんだ

こうして見てみると、

  1. 2007年~2010年までは、アドネットワークなどの買収が盛んで(特にヤフーが持っていった)、ただその背後にはダブルクリックとオムニチュアという効果測定系の買収があり、
  2. 2010年~2012年は比較的小粒のアドテク企業が買収(先にチームを買うという選択かな?)
  3. 2013年以降はカテゴリトップの企業をドーンと買収

という流れなんでしょうかね。

とよく考えると、産業構造の変化というか、ベンチャーの新陳代謝がとてもうまくいっているのかなと思った。

※買収金額はどこかのニュースから適当に調べてきましたので間違ってるかもです。

Author : yuzuru