Fringe81社長日記Fringe81 CEO's Blog

スマホ普及が50%で停滞、このままでは日本はスマホ後進国に by Obara

Fringe81尾原です。 普段はここ田中弦の社長ブログなんですが、
うん?と思うFactが見えたので投稿してます。

ドコモさんの決算がでて、好決算すごいなと見ていたのですが気になる表が
スマホ利用数と契約数を割ると
2015年3末時点で46.4%と停滞、昨年度43.2%から僅か3.2%しか増えてません。
もちろん、契約にはデータ端末や二台目端末もあるので純粋個人普及率
ではないですが、契約の多くは個人一台目なので「これは!」な事態
ドコモ 2016年3月期 決算説明会資料より

フローの今年度販売数状況はどうなっているんだろうと深掘りすると

ドコモ 2016年3月期 決算説明会資料より

ドコモ 2016年3月期 決算説明会資料より

総販売数に対してスマホの販売数が伸びてない。。
15年度の総販売におけるスマホ率が60.2%って、14年度の61.3%より落ちてます。

格安SIMもあるので全体でみるとどうだろうと総務省データみてみると
総務省平成27年度情報通信白書より
世帯普及率も急速のブレーキかかってますね。(世帯普及率なので個人普及率より高めにでます)
50%,60%で停滞しちゃうって、諸外国に比べてかなりきつい状況です。

総務省「ICTの進化がもたらす社会へのインパクトに関する調査研究」(平成26年)Business Insider Report

IoTや人口知能と 世間では次のバズワードに移行していってますが、
スマートフォンはそのハブになる中心の一つです。
日本のガラケーの性能の良さと、データプラン通信量の高さ(海外だと2GBコミコミで1400円とかザラです。)が大きな壁になってるんじゃないでしょうか?
格安SIMも健闘されてますが、日本ではSIMカードを入れ替える習慣がないので、
低料金層の方々は相対的にリテラシーが低く、ユーザサポートもコストがかかることになり
ここに普及へのジレンマがあります。

安倍首相が昨年「携帯料金引き下げ」指示して話題になっていましたが、家計負担としてもありますが、ネット社会の進化のためにも、この壁のりこえなきゃ、気付けば日本はスマホ後進国になりかねません。

逆にいえば、その突破口を開けたプレイヤー群には50%の未開拓ユーザが待っているわけで
戦略提携含めた開拓戦が見込めますね。
(そして、ガラケーがまだしばらく残る訳で ここの残存者利益も見逃せない。。。)

こんな風にFringe81では新しい発見に基づいて ネットをよりワクワクしたものにするべく
ワイワイやっております。
なお、人材募集も引き続きしておりますので、ぜひよろしくお願いします。

Author : 尾原和啓