カルチャーCULTURE

  • HOME
  • カルチャー

どこまでFringeで
いられるか

Fringeとは

もとは
「普通でない、異常な、限界を超えた、前衛的な」
などといった意味合いを持つ "Fringe" という単語。
「過激なグループ」という意味にも使われる “Fringe” と
いう単語ですが、
私たちは “Fringe=こだわり・とんがり・最先端”
という意味合いとして捉えています。
日本の国番号「81」を背負った " とんがった " やつら、
という社名の由来を私たちは常に意識し、
今の世の中にない最先端のテクノロジー・
サービスを提供していくことがミッションである
と確信しています。

文化がなぜ大事だと思っているのか

私たちは、文化こそが私たちの一番の強みであり、
ビジョンを達成すべく成果を出すのに最も重要な要素と考えています。
周りの環境が常に変化する中で、私たちの事業も様々に変化してきました。
その中でも文化が核 ( 中心 ) となり、基礎となってきたために、常に " 私たちらしく "
成果を出すことができてきたのです。
Fringe81 は、文化の上に事業ができる、そんな会社です。
文化は人そのものであり、事業は人がつくるもの。
しっかりと根付いた文化の上で、事業を成長させていくことが
我々の思う " 地球の未来 "を創る一歩なのです。
私達が作り出したい"地球の未来"とは、一人ひとりの才能・尖り=Fringeな部分を
伸ばし活かし統合し、これまでにない新しい"Fringe"な世界を提供すること。
個人として、一人ひとりのFringeな部分を発揮し、高みを目指し
そのためにチームとして、メンバーのFringeな部分を常に尊重しあい、発見しあい、活かし合い、補いあう。
その結果として常にFringeな未来を描き続けています。

文化を体現する特徴的な取り組み

発見大賞

発見大賞

" 新しい発見 " をビジョンに掲げるFringe81 ならではの MVP 制度。エンジニアでも営業でも Fringe81 の社員全員が同じ視点で評価をされます。
その視点は、人から見てて誰が頑張っていて " 素敵 " と思ったか。 毎月、自分以外の人の良い所や頑張っている姿を発見し、それを " 発見大賞 " として投稿。
投票で " 一番発見された人 " を選び表彰しています。
Fringe81 には、" お互いの良い所を探し合って褒め合う " 文化がありますが、この制度はその代表例です。

ワンフロアに
こだわったオフィス

ワンフロアにこだわったオフィス

社員同士の発見をより多くするために、オフィスはつねに ワンフロアにこだわっています。
人の集めるスペースをたくさん作り、 役職関係なく仕事できる場所づくりでコミュニケーションが常に生まれています。
エンジニアも営業も関係なく、全員が事業に対して柔軟な発想をもち、コミュニケーションし合える文化だからこそ、他の会社では成し得ない、全く新しい事業が立ち上がり続けています。

他の会社と何がちがうのか?

キャリア採用で入社された方に聞きました!
Fringe81 に入社していい意味で驚いたことってなんですか?

全社の会議にみんな出席して、全事業の話しを真剣に聞いているのがすごい。
仲がいい。
和気あいあいとしている。
部署・役職関係なく、経営陣とも物理的に距離が近いし、コミュニケーションは毎日ある。
新卒中途わけ隔てなく
評価される
会社としてのフットワークが速い、意思決定が速い。
フラットな人間関係。
なにか話すときに誰に話そうとか無駄なこと気にしなくていい。
世の中を本気でよくしようとみんな思っている。
話通じないひとがいない。
バンチとか兄制度であたたかい。
面倒をみあう文化がある。
手取り足取り教えます、というわけではないがチームの一員として迎えている文化がいい。
担当範囲だけに対してでなく、事業について意見するエンジニアがいる。
しがらみがない。
挑戦したいと手をあげれば、全力で後押ししてくれる。

Fringe81は仲間を募集中です!