Fringe

Kazuki

Client Growth Company / アカウントコンサルタント

自分に足りなかったものがFringeにありました

私は前職でもインターネット広告業に携わっていたのですが、当時取り扱っていたサービスはメール広告などの純広告のみ。クライアントが抱えているたくさんの課題を、2つの限られた手段だけでは解決しきれず、フラストレーションが溜まっていました。
そんなときたまたま、大学時代の後輩経由でFringeの存在を知ったんです。調べていくうちに、ダイレクトからブランディングまで、様々な広告手法を駆使して、クライアントの課題を解決するための提案ができることがわかりました。それはまさに自分がクライアントに対して実現したいと思っていたこと。Fringeでならきっと、自分が思い描く広告アプローチができると思い、さっそく転職を志しました。
選考フローで印象的だったのが、最後の代表面接。気合いを入れて臨みましたが、自己PRなどは求められず、とりとめのない会話であっさり終わったんです。最後に「僕の部下たちが君を推しているのだから、採用はもう決めていた」と一言。社員一人ひとりが信頼されている環境にも感銘をうけ、入社を決めました。

“好き”をとことん極めていける

入社してからはClient Growth Companyという広告代理事業部で、コンサルタントとしてクライアントのWEBプロモーション支援を行なっています。クライアントのニーズに応えるためのノウハウが揃っていて、念願だったアプローチが実現できる環境にある一方、最初はうまく生かしきれず悔しい経験も。
当月や翌月の目標KPIを追うだけで手一杯だったとき、クライアントに「もっと未来につながる提案をしてほしい」と言われたんです。その一言が大きな気づきとなり、目先の利益目標だけでなく、クライアントの未来を見据えた提案を意識できるようになりました。クライアントにも誠意が伝わったのか、それ以降、より強い信頼関係を築けるように。
Fringeのスタッフとの交流を通して感じたのは、どのスタッフも仕事に自分の好きなこと、実現したいことを重ねていて、だからこそ自ら定めた目標に向かって全力で突き進めているのだということ。勉強熱心で、それぞれの分野で知識レベルが高いスタッフがたくさんいるんです。そして、お互いが自然とその知識や考え方をシェアし、新たな発見につなげているというのもFringeならではの環境です。

クライアントの「ありがとう」がモチベーション

入社3カ月目で社員投票で選ばれる「月報大賞」と他薦MVPである「発見大賞」という2つの表彰制度をFringe史上初めてW受賞。社内から評価を受けたことはもちろん嬉しいのですが、広告事業への真摯な取り組みの結果だと感じ、もっと広告を知り尽くし、成果を出していこうという励みになりました。
私の武器は、自他共に認める“お客様”第一精神。ここで言うお客様というのは、クライアントだけでなくユーザーまで含みます。将来的にはブランディング・ダイレクトの両方を理解したデジタルマーケティングのスペシャリストになって、クライアントの課題解決をやりきりたいです。それによって、最終的にユーザーにも喜んでいただけるようになることが目標です。クライアントとユーザーの双方から「ありがとう」という言葉を頂けるようこれからも学び続けていきたいです。

MEMBER一覧に戻る