Fringe

Akira

Media Growth Company / Company長

挑戦こそ、目標であり原動力

学生時代、就職を考えるタイミングでベンチャー企業を中心に探していたところ、たまたま巡り合ったのがFringe。当時、僕はやりたいことをまだ具体的に持っていなかったのですが「仕事を通して何かインパクトのあることにチャレンジしたい!」という気持ちだけは人一倍強かったんです。
Fringeの採用イベントに参加して印象的だったのは、ビジネスに対する代表の挑戦的な姿勢と、学生に本気で向き合ってくれる社員の誠実さ。皆さんの前では飾らない自分でいられてたので、とても居心地がよかったのがほかの企業と違いましたね。インターンとして入社してからもその感覚は変わらず、「やっぱりここだな」と思ってそのまま就職しました。
入社後は、広告代理事業のアカウントセールス担当として、顧客に最適なマーケティング戦略の立案・実行からフォローアップまでを務めました。しかし、最初の2年間は思うように成果を挙げられず、もどかしく思ったことも。それでも上司や経営陣が親身にアドバイスをくれて、「自分がこうありたい」だけでなく「仕事として何をすべきか」に意識を向けられるように導いてくれたおかげで乗り越えることができました。

チャレンジを“呼び込む”から、“見つけ出す”に

「新規の広告プロダクトを立ち上げるんだけど、やってみない?」。営業職を3年ほど経験したころ、常に周りに「新しいことにチャレンジしたい」と伝え続けていた僕のところに経営陣からこんな提案が舞い込んできました。会社にとって重要な意味を持つ事業。責任も不安も大きかったですが、チャンスだと思い引き受けることに。
スマートフォンを中心としたアドネットワークサービスを担当することになったのですが、事業責任者として社内外と連携する必要がありました。システム構築から始まり売上を伸ばすに至るまで、非常に苦労を重ねましたが、3年目から軌道にのりはじめ、今となっては僕がCompany長を任されているMedia Growth Companyの中心事業とも言えるサービスにまで成長しました。
Company長になってからは、先述の事業だけでなく、Companyが持続的に成長するためには何をすべきなのかという広い視点が求められるように。売上を加速させることはもちろん、所属する人材の成長など、組織の在り方自体を見つめ直す機会が増えました。これからは、チャレンジを与えられる立場でなく、チャレンジの機会を自身が新しく見つけ、提供する側にならないといけないと思っています。

“目的地へたどり着くには”を考える

Fringeはとても変化の速い会社なので、その都度、最良の判断や行動が求められます。僕が重視している価値観が「目的志向」。目的を設定して、そのためには何にチャレンジすべきかを明確にしてから動くようにしています。そうすることで、目的達成までにどんな手段を取ればいいのかが見えてくる。それが結果として思考や行動の柔軟さにつながります。
たとえ自分ができないことがあっても、できる誰かと組んで補えばいい。環境の強みを生かしたうえで自分がどんな役割を全うすべきか分析することが大切です。自分一人ではできないことはみんなで成し遂げる。それが自然にできているのがFringeの強みです。

MEMBER一覧に戻る