Fringe
Media Growth Company / アカウントコンサルタント

「未知の企業」にすぐ惹かれました

「うちの会社、見にきませんか?」。求人サイトを通して、いま所属しているMedia Growth Companyからメッセージを受け取ったのが、私とFringeの最初の出会い。当時は社名を聞いたことすらなかったのですが、ホームページを見たり、さまざまなメディアで成長企業として取り上げられているのを知るうちに興味が湧いてきました。
それで「じゃあ行ってみようかな」と、オフィスを案内してもらったんです。話を聞くうちに、事業内容が面白そうだと思ったのはもちろん、驚いたのがスタッフのフレンドリーさ。ふらっと訪ねてきた私に、営業の人もエンジニアの人も気さくに挨拶してくれて、いい雰囲気だなというのが第一印象でした。
その後、面接へと進んだのですが、そのときの担当者が営業の女性。新卒2年目で私より年下だったのに、しっかり者。仕事では大きな裁量を与えられ、結果も出していました。「ここに入ればきっと成長できる」。そう思って入社を決めたんです。

気がつけば成長している、スピーディな環境

入社後はMedia Growth Companyへ。その中でも、今はアドネットワークを運営する部署にいます。アドネットワークとは、複数の広告メディアを集めてネットワークをつくり、それらに広告をまとめて配信する仕組み。ネットワーク拡大のために、広告代理店に向けて営業をかけるのが私の主な仕事です。競合製品も数多有る中で弊社の製品を選んでもらえるよう説得するのは大変ですが、その分やりがいも大きいです。コンサル的な要素もあり、例えば営業先の組織の改善や販売戦略に関わる課題を解決するための相談を受けたり、資料を一緒に作ったりもします。
仕事内容が幅広く自由度が高い分、責任も大きい。お客さんが困らないためには何をすべきか毎日考えて、時には先輩にも相談します。常にニーズを先取りして進化しなければならない環境が与えられているので、Web広告が未経験だった私でも日々成長していると実感できます。
また、社員は20代の若手の割合が高く勢いがあり、そのうえ社員全員が同じ階でデスクを並べるワンフロアオフィス。議論を始めればたくさんの意見が飛び交うし、次々と新しいアイデアが生まれる環境。事業だけでなく職場にもスピード感が溢れています。

物怖じせずに突き進む。武器は“人懐っこさ”

社員間の交流が生まれやすい職場環境に加えて、元々人懐っこい気質の私は、社長から新卒の後輩まで、さまざまな役職のスタッフと毎日のようにコミュニケーションをとるうちに、社内に広い繋がりができました。周りの人からは「まだ、入社して間もないよね?」って驚かれるくらい。
社内も社外も関係なく誰に対してもまっすぐ向き合うことを心がけており、自分の性格が仕事で生きているなと感じています。月曜日と金曜日は必ず、同僚と互いの知り合いを紹介しあって他業種の人と会う機会を設けたりもしているんですよ。違う仕事をしている人の話から得た気づきが、自分の仕事に活かせることもあるので。仕事でもプライベートでも貪欲に学んで、Fringeでできることをもっと増やして行きたいです。

MEMBER一覧に戻る