Fringe

Yoshifumi

SaaS Growth Company / Consumer Service Developer

入社の瞬間にエンジニアに転身。“普通じゃない”経験を求めて

サマージョブに参加した時に「この会社、普通じゃないな」と直感しました。先が予測ができないからこそ、次々と新規事業を打ち立てられる流動的な環境。自分の仕事に誇りを持って生き生きしているスタッフ。そして彼らが新しいもの好きだということを理解している経営陣が、チャレンジするためのしがらみをできるだけ取り払っているのが伝わってきました。
実は内定をもらった時点では、ビジネス側で働く予定でした。しかし学生時代は物理学を専攻していたのもあって、表層だけじゃなく成り立ちまで突き詰めたい性格。サービスがどのような仕組みで動いているのかを深く理解したうえで働きたいと思い、入社するタイミングでエンジニアとしてのキャリアへ進むことを決めました。
目標は、技術開発もできるプロダクトオーナーになること。エンジニア未経験でしかも新卒の私がそれを実現するのは、それこそ普通じゃないことです。しかし、今までにない新しいことを賞賛してくれるのがFringeの風土。やってみたいと伝えると即座に受け入れられる。そんな“普通じゃない”Fringeをますます好きになりました。

ひたすら周りを追いかける、追い回す

代表にも「経験や年齢に関係なく大きな仕事を任せていく」と入社前から言われていましたが、初仕事は業界でも有名な外部エンジニア・デザイナーとの共同プロジェクト。共通の趣味から交流を生み出すコミュニティサービスの技術開発を任され、3カ月でiOSアプリを自分一人で運用できるレベルになるという課題が与えられました。
「全くの初心者にも容赦ないな」と、予想を上回る大きなミッションに驚きましたが、やりたいと手を挙げれば本当に任せてもらえる風土なのだと身をもって実感できて、とてもワクワクしました。それからは、ひたすら勉強。今ではメインエンジニアとして、新機能の設計や開発、不具合の修正まで全工程を手がけています。
私が成長するということは、自分自身が技術面で対応できる幅が広がる以上の意味があると考えています。というのも、私がほかのエンジニアを追いかけることは、彼らからしてみればゼロ、からスタートした新人に追い回されているということ。自分が成長した分、Fringe全体の技術力の底上げに結びつくはずだし、遠慮せずに引っ張る立場にもなっていきたいですね。

目的地までの“寄り道”を楽しみたい

仕事では目標までのプロセスに意識を向けることを大切にしています。例えば、新しい機能を開発するとなったとき、別のプロダクトで作ったものに似せれば目的自体は簡単に達成できてしまいますが、それでは面白くありません。開発の度に、以前自分が作ったものを超えられるよう工夫を凝らし、変化をつけることを心がけています。
限られた時間の中で求められたものを作ることは当たり前として、その開発プロセスを通じてどんな発見があったかを楽しみたいんです。“寄り道”を重ねるほど、自分の技術の引き出しが増えるだけでなくプロダクトやサービスの質にも表れます。これからもあえてまっすぐゴールを目指さず、寄り道の過程で自分の武器を増やしていきたいです。

MEMBER一覧に戻る