Fringe
SaaS Growth Company / マネージャー / プロダクトマネージャー

社員一人ひとりに本気でぶつかってくれる代表

就職するならベンチャー企業と決めていて、どんな事業を手がけているのかには、実はあまりこだわりはありませんでした。とにかくどんどん成長して、それを実感できる環境が自分に合っていると思っていたので。企業選びのポイントだったのが、会社のトップ層のマインド。その人たちについていきたいかどうかという自分の素直な気持ちを大切にしていました。
新卒採用イベントで驚いたのが、Fringeは代表が自ら出向き、学生相手に本気でプレゼンしていたこと。生の声を聞いていると、売上や規模といった会社の成長だけでなく、会社の未来を担う従業員の成長まで真剣に考えていることが伝わってきました。「この人と一緒に働きたい」と強く感じ、入社を決意しました。
入社後はマーケティングソリューションの部署に配属になり、データ分析によるコンサルティングが主な仕事に。インターネット広告の知識がまだ乏しかったので、知識豊富なクライアントに納得してもらえるような仮説構築と提案にとても苦戦しました。しかし、従業員の成長を大切にする代表の考え方が、会社全体のカルチャーとして根付いているので、上司に何度もフィードバックをもらったり、仕事面だけでなく落ち込んでいる時には精神面でもフォローしてもらい、前に進むことができました。

1年経てば違う会社。常に進化するFringe

私が入社した当時は、インターネット広告がFringeの事業の大部分を占めていました。今でも基幹事業であることには変わりませんが、次々と新規事業が生まれ続けています。今、私がプロダクトオーナーとして携わっているプロダクトもその一環。運用履歴に焦点を当てた、広告運用をサポートする新しいサービスです。
世の中のためになり、まだ他の企業が手がけていないことをやっていこうという気持ちをみんなが持っていて、やりたい人は手を挙げれば参加するチャンスが与えられます。だから、1年も経てばFringeも自分の立場もガラッと変化。今の仕事に取り組みながら、次は何ができるのだろうと常にワクワクし続けられるんです。
そして、仕事だけでなくスタッフにもワクワクさせられます。見えづらい個人の功績にスポットを当てて賞賛する「発見大賞」という制度や、私が運営を務める全社会議など社内横断プロジェクト。部署の違いを越えてほかの人がどんな仕事をして、どんな活躍をしているのかがわかるので、自分の励みにもなります。仕事や他のスタッフとの交流を通して、一人ひとりの進化が止まらないのがFringeです。

共通項は、新しいものへの探究心!

社員同士のコミュニティでいえば、Fringeでは部活動も盛んで、私もテニス部に所属しています。所属しているほとんどが初心者なんですが、みんな負けず嫌いで熱心に練習してぐんぐん上達していく。この姿勢って仕事にも通じる部分があると思っていて、新しいものに抵抗を持たず追究するというのはFringeのスタッフに共通している価値観だと感じています。
新規事業は、いわば探検。先がわからないのが当たり前なんです。でも、今自分が目標に対してどこまで達成できているか、次に何をすべきか、ビジネス全体を俯瞰して突き詰められる人が最後まで進み続けられる。その原動力となる探究心を個々が維持しているのがFringeという組織なんです。

MEMBER一覧に戻る