プレスリリースPRESS RELEASE

RSS広告社、大規模メディア向けRSSフィード効果測定サービスを開発

  • 2007年4月11日
  • プレスリリース

-複数のRSSフィードを管理・分析することが可能に-

純粋持株会社である株式会社ネットエイジグループの連結子会社でRSS広告事業を行う、株式会社RSS広告社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:田中弦 )は、法人メディアが配信するRSSフィードの効果測定サービス「Feed Metrix」を、2007年4月11日に発表いたしました。

【サービス開発の背景】

昨年11月にRSSリーダー機能を標準装備したInternet Explorer 7が発表されて以来、複数のRSSフィード配信を開始する法人メディアが急増しています。このような環境の中で、単体のRSSフィードのみの効果測定サービスではなく、より統合的に複数のRSSフィードの購読状況の推移やRSS広告のクリック数等を把握できるサービスが求められるようになってきています。RSS広告社ではこのようなニーズに応えるべく、複数RSSフィード統合管理専用のRSSフィード効果測定サービスを開発しました。

【本サービスの概要と特徴】

法人メディアはこのサービスの導入により、複数のRSSフィードの配信状況をグラフや図を用いてブラウザ上で容易に分析できるようになります。また、複数のRSSフィード間のユーザー重複率分析機能など独自の機能も多数盛り込んでおります。
RSS広告社では、「Feed Metrix」を、現在弊社のRSSフィード広告を導入している法人メディアへ無料で提供します。今後、法人メディアへの導入を進め、本年度中に約100メディアへの導入を目標とします。「Feed Metrix」 は2007年5月上旬にβ版をリリース、その後も定期的な機能拡張を予定しています。

「Feed Metrix」の主な機能は以下の通りです。

  • RSSフィードの購読者数、アクティブユーザー数
    購読者数、ならびにRSSフィードを実際に読んでいるユーザー数(アクティブユーザー数)を測定し、その推移をグラフ表示します。RSSフィードのウェブサイトへの誘導経路としての貢献度を示します。
  • RSSフィード内の人気記事ランキング
    各記事の配信実績を測定し、クリック率の高い記事をランキング形式で表示します。クリック率の比較により、ユーザーのニーズを吸い上げ、コンテンツ制作に活用できます。
  • 複数のRSSフィード間におけるユーザー重複率
    異なるRSSフィードを両方登録しているユーザーの割合を測定します。異なるコンテンツ間の親和性を示す指標としてご活用頂けます。例えば、“このコンテンツを読んでいるユーザーは、このコンテンツも読んでいます”といったオススメ情報の設置は、自社ウェブサイト内部のトラフィックの循環を促進します。
  • RSS広告の効果測定
    RSS広告の配信形態ごとのインプレッション数、クリック数を測定します。これにより、配信しているRSSフィードに最適な広告手法を選択することが可能です。

【RSSとは】

ブログやニュースサイトなどウェブサイトの更新情報を簡単にまとめ、配信するための文書形式です。インターネットメディアはRSSを利用することによって、ブログやニュースなどの記事の最新情報をユーザーに対し定期的に通知することができます。

【RSS広告社について】

RSS広告社は2005年4月、日本で初めてRSSフィードを利用した広告出稿/配信サービスを行うRSS広告専業企業として設立、2005年6月20日に企業向けのRSS 広告サービスを開始しています。現在はそのコアテクノロジーである日本語解析技術を利用し、「そこにコンテンツがある限り広告を配信するテクノロジー企業」として、さまざまな広告商品を開発、提供し続けています。

■会社概要

商号: 株式会社RSS広告社
代表者: 代表取締役社長 田中 弦
所在地: 東京都目黒区上目黒2-1-1 中目黒GTタワー20階
設立: 2005年4月
URL: http://www.rssad.jp/
Tel: 03-5725-4762

■お問い合わせ

【広告主様からのお問い合わせ】
株式会社RSS広告社 営業担当:渡辺(わたなべ)
E-mail:adsales@rssad.jp

【メディア様からのお問い合わせ】
株式会社RSS広告社 メディア担当:平松(ひらまつ)
E-mail:media@rssad.jp

【その他のお問い合わせ】
株式会社RSS広告社 平松(ひらまつ)
E-mail:info@rssad.jp