プレスリリースPRESS RELEASE

RSS広告社、FeeMoバナーの大規模バージョンアップと新導入メディアを発表

  • 2009年7月21日
  • プレスリリース

-ポータルサイト「livedoor」に採用決定-

株式会社RSS広告社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田中 弦、以下RSS広告社)は、RSS広告社の独自技術(日米特許出願済※図1参照)を利用して、広告主の最新コンテンツをバナー広告枠内に表示・更新させるサービス、「FeeMoバナー」の大規模バージョンアップを行います。新機能2種類、新デザインフォーマット3種類がリリースされます。これにより、広告主はRSS配信をしていなくてもFeeMoバナーを利用できるようになりました。合わせて、これまでのバナー広告では難しかった表現力の高い広告を配信することが可能となります。

さらに、日本最大級の総合ポータルサイトである「livedoor」(本社:東京都新宿区)に対し、FeeMoバナーの技術提供ならびに販売を行っていくことに合意しました。「livedoor」では、通常の広告メニューのオプションメニューとしてだけではなく、FeeMoバナーを利用してlivedoor Blogを利用しているブロガーのクチコミの情報をリアルタイムで配信するなど、ソーシャルバナー広告として積極的に商品開発を行っていきます。

【FeeMoバナー新機能】
・エクセル入稿機能
RSSフィードを配信していなくても所定のエクセルシートに記載するだけでFeeMoバナーへの原稿入稿が可能となります。これによりFeeMoバナーを利用できる広告主は飛躍的に増加します。
・記事別のクリッカウント機能
FeeMoバナー内には複数の記事が存在しておりますが、1記事ごとにクリック数をカウントすることが可能となります。配信した広告メニューの中で、どのコンテンツのクリックが多かったかをレポートで確認する事ができ、より深い広告の効果検証が可能となります。

【FeeMoバナー新デザイン】
これまでの「リスト型」1種類のデザインが大幅に増加し、広告主の選択肢がより広がります。(図2参照)なお、本デザインフォーマットは、全国にクリエイターのネットワークを持つ株式会社クリエイターズマッチ(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長 呉 京樹)の協力のもと、開発を行っています。WEB広告に特化し、企画・制作の実績を持つ同社独自のノウハウを活かしたデザインになっています。
・クラウド型
吹き出し(クラウド)がふわふわと移動しながらコンテンツを掲載します。
・ウェーブ型
左から情報が波形にアニメーションしながら登場します。
・ダイナミックテキスト型
文字のみをリアルタイムに変化させることができます。

【広告主にとってのメリット】
本商品はRSSフィードの技術を用いているため、広告主は公式ブログや新製品の情報などのRSSフィードを更新するだけでほぼリアルタイムにユーザーへのメッセー ジを変更できます。伝えたいメッセージを時間帯やイベントにあわせて伝えることができます。(例:本日更新したサービス情報などを即時に広告掲載するなど)
また広告主は従来のバナー広告では難しかった、複数ページへのリンクを同時に掲載することが可能となりました。クリック率の改善、また広告を事前に選んでからクリックすることにより直帰率の改善が実証されているため、より興味をもったユーザーを 多く広告主のサイトへ誘導することが期待できます。

■図1
fig1

■図2
fig2

「RSS」とは、ウェブサイトの更新情報を簡単にまとめ、配信するための文書形式です。インターネットメディアはRSSを利用することによって、ブログやニュースなどの記事の最新情報をユーザーに対し定期的に通知することができます。

【会社概要】
・株式会社RSS広告社 http://www.rssad.jp
RSS広告社は平成17年4月、日本で初めてRSSフィードを利用した広告出稿/配信サービスを行うRSS広告専業企業として設立し、日本におけるRSS広告市場を自ら創造し、成長させ、進化させる会社として、RSSフィードを使ったさまざまな広告商品を開発、提供しています。

(社名)           株式会社RSS広告社
(本社所在地)   東京都渋谷区神南1-3-4  神南ビル7F
(代表者)        代表取締役社長 田中 弦
(事業内容)     インターネット広告
(資本金)        1億7,945万円

【本リリースに関するお問合せ先】
株式会社RSS広告社
担当 田中
Tel: 03-6416-1290