師匠社員に「弟子入り」し最新技術を取り入れている開発現場を体感する『内定直結』実践型エンジニアインターン
"Neo Fringeneer 2016"

(2018年卒業予定の大学生/大学院生対象)
8-9月 計3回開催、期間は2週間

エンジニアとして必要な知識・技能・精神力を獲得し、己の資質を高める

言語、フレームワークで言えばScala、Go、Spark、Akka、ES6、React、インフラ領域で言えばDocker、Vagrant、Chef、AWS、GCE等々様々な領域で新しい技術がものすごいスピードで登場し、日々進化を遂げています。Fringe81エンジニア=Fringeneerは、上記の技術力をすべて活用し、常に最新・最高のアーキテクチャを模索する集団です。
これまでのプロダクトはすべて自主企画・自社開発。日本で初めて米Googleの連携承認を受けたプロダクトの提供、Facebook社主催のグローバル広告ハッカソンへの日本企業で唯一の招待など、グローバルでも認められるプロダクトや技術力を有し、それらがすべて社内に蓄積されています。現在は、それらの技術力をもとに、大手携帯キャリアとの共同広告ネットワーク開発や、自社のコミュニティアプリの開発、自社独自の動画広告ネットワーク開発などに取り組んでいます。
スピード高く開発を進める一方、ただ決まった開発だけを進めるのではなく、同時進行で常に最新技術の研究・検証と新しい技術を取り入れる取り組みも実施しています。そういった、常に新しい技術に挑戦するマインドセットが、私たちの本当の強さ、他社に負けない技術力を維持し続けられる理由なのです。

私たちがこの夏用意したのは、そのような常に刺激のある環境に飛び込み"武者修行"する2週間。
武者修行(むしゃしゅぎょう)とは、武士が諸国を遍歴して"武士として必要な知識・技能・精神力を獲得"して"己の資質を高めよう"とした行為。(by Wikipedia)
本気で自分の技術="武芸"を伸ばしたい、伸ばし続けたいと考えている学生エンジニアが、"己の資質を高める"ことに本気で挑戦できる場を用意します。ありがちな"1dayインターンプログラム"や、"ハッカソン"とは違い、本当の現場を『体感』するからこそ、実際に社会に出たときに"優秀"とされるエンジニアの本当の"優秀さ"を知り、自らが目指したい方向性も描くきっかけにもなります。
あなたの"資質"をどの方向に活かしていくか?ぜひ目指したい"エンジニア像"を見つけてください。
実際にプロダクト開発が進んでいる現場で、どれほど自分の力が通用するかを試したい方。自分の何倍も技術に精通しているエンジニアにかじりつき、力を付けたい・磨きたい方。技術力は未熟でもエンジニアとして働く未来を切り開いていきたい方。 やる気にあふれる方々のチャレンジしたい気持ちを賞賛します。
『Fringe81という舞台=道場』であなたをお待ちしています。

師匠紹介

Keisuke.N

Keisuke(なっつ)
マネージャー

高専で情報技術を学んでいたが、社会人1年目はなんとルートセールスで実は営業出身。社会人1年目に友人に誘われエンジニアの道へ。その後10年間SIerとして現場を渡り歩き業務システムを開発。
しかし、自分が作ったモノを世に出し足跡を残したい、開発力以外に運用能力も付けたいと強く想いFringe81へ入社を決める。
Fringe81入社後は主にdigitaliceのリーダー兼開発、Humptyのインフラ構築等、複数プロダクトに関わってきた。今は技術開発本部のマネージャーとして採用や育成等の組織づくりをする技術開発部の兄貴分。

Yosuke.S

Yosuke
JavaScriptスペシャリスト

33歳までバンドマンを本業としていた変わり種。バンドマンの傍ら28歳でプログラマを遅まきながら志し、フリーランスとして10現場くらい経験したあと、Fringe81にも当初はフリーランスの流れでJoin。
それまで経験してきた開発現場と比べてFringe81の圧倒的スピード感に興奮し、一緒にやろうぜと誘われ即答で入社。入社後はフロントエンド・サーバサイド・インフラをフルスタックで経験し、プロジェクトマネージャを経験。
現在はフロントエンド・JavaScriptスペシャリストとして、スマートフォンアプリ開発、WEBサイト開発を統括。ES6,React,immutable.js,lodash,Flux,Webpack,Gulp,karma,Jasmineなどのモダン技術を駆使したSPAサイトを構築している。
対外的には30人ほどを招待してのオープンJavaScript勉強会開催、技術系イベントへの登壇、Qiitaで連載記事「JSおくのほそ道」を展開。 人柄は気合溢れる暑苦しいまったり紳士。
Qiita:http://qiita.com/hosomichi

Masaki.T

Masaki(トーマス)
システムアーキテクト

高専・大学で情報工学を学ぶ。前職では業務系パッケージ製品開発の後、アドテク分野の事業に携わりのめり込む。アドテクを極めたいという思いと爆速成長を目指しFringe81へ入社。
『アドテクにはITのすべてが詰まっている』という名言はあまりにも有名。得意技はScala。オブジェクト指向と関数型のいいとこ取り出来る点がとても気に入っている。
2013年、Fringe81が日本で唯一招待されたシンガポールで開催されたFacebook主催のHackerthonに参加。2015年3月には社内スマホアプリ開発コンテストの優勝商品としてシリコンバレー旅行を経験。現地で手に入れたIoT技術情報にワクワクしている。
Qiita:http://qiita.com/mtoyoshi

Kiyokatsu.C

Kiyokatsu(チェダー)
システムアーキテクト

小さい頃からドライバーとはんだごてがおもちゃというほんの少しだけ変わった少年だったが、中学時代に父のパソコンでプログラミングを始め、プログラミングの楽しさに引き込まれる。大学時代は電気電子工学を専攻し、Windows95フィーバーの波に乗り、第二次コンピュータブームを迎える。新卒では東北の山奥で印刷会社のデータ処理部門(印刷物デザイン)に在籍していたが、どうしてもインターネットに関わる仕事をしたいっ!という若さと勢いで上京。
その後、ISPやSIerへと転職し、TCP/IPだけではなく、BGPなどのネットワークや、Linuxサーバ、Java, JavaScript, PHP, Perl, Scala,などを節操無く学ぶ。おカタイ案件が多かったためエキサイティングな環境を求めFringe81へ。
入社後は新規プロジェクトに携わり、その後、R&D業務へ。三度の飯よりガジェットや、新しモノ好きという特性を活かし、日々精進中。
Qiita:http://qiita.com/chidakiyo

Masayuki.A

Masayuki(ぬま)
リードプログラマ

大学時代は電気・電子で多少の情報技術を学ぶ。SIerの1社目でABAP/4という特殊言語を使い、2社目ではJavaを使い、主に業務システムやWebシステムを作っていた。ただSIerだと開発後に作ったモノに携われず、自分の作ったモノに愛情を持ちたい!という想いがフツフツと湧いてきて、自社サービス開発をやっているFringe81へjoin。

入社後は、サーバサイド開発・インフラで複数プロダクトに関わる。Scalaをメインで使っているが、スモールな社内プロジェクトではPythonを使ったり、局所的な機能にGolangを使ったりで、挑戦を続ける。

2013年、Facebook主催のHackerthonに参加。Node.jsで戦う。2014年、ScalaMatsuriのスポンサーLTにて社名を連呼しまくり、Scala界隈での知名度上げを試みるが...

一風変わったTシャツを着用していることが多く、オフィス内でTシャツのデザインが密かに注目されているらしい。Qiitaのf81@githubアカウント連載「やってみよう Scala! By Fringe81」のゴーストライターという顔も持つ。
Qiita: http://qiita.com/f81@github

経営陣紹介

田中 弦
代表取締役CEO

Yuzuru.T99年にソフトバンク株式会社のインターネット部門採用第一期生としてインターネット産業に関わるようになる。
新卒2日目からブロードキャスト・コム(現Yahoo!動画)の立ち上げに参加。その後半年でソフトバンクを退社し、ネットイヤーグループ創業に参加。2005年ネットエイジグループ(現UNITED)執行役員。モバイル広告代理店事業の立ち上げにかかわる。
2005年Fringe81社創業後、様々な事業の立ち上げを行う。
2013年3月マネジメントバイアウトにより独立。と、過去15年立ち上げしかしていない生粋の立ち上げ屋。

東山 友 
取締役CTO

Yu.H2000年問題や大手銀行合併などの基幹系のシステム開発経験を経て、創業2ヶ月目のFringe81へ参戦。以来、Fringe81社の全てのサービスは俺が作ってきたといつからかCTOを名乗る。
コーディングポリシーは「気合」と「信頼」。得意技はJavaとScalaで時々Python。あだなは「がしやまさん」と「骨折王子」(両鎖骨、両肋骨、腓骨など、骨を折りやすい)。三度の飯よりラーメンを愛し、魚介を食べない偏食家でもある。

エントリーはこちら!

昨年のエンジニアインターン
参加者の声

Sparkを使った大量ログデータのリアルタイム集計システムの開発を取り組みました。
Spark,Scala,AWSなどの技術経験がない中で、システムのデザインから実装までをやらなければならなかったので苦労しましたが、おかげでエンジニアとしての圧倒的自信がつきました。

ぼくは関師匠のもとでクライアントサイドアーキテクチャであるfluxについて調査をしていました。
アーキテクチャについて考えるという普段しない事をして大変でした。
インターンを通してアーキテクチャについて考えたり、コードに対して深く考えることの楽しさを感じ本気でエンジニアを目指そうと思えるようになりました。

Fringe81のサマーインターンではじめてScalaに挑戦しました。
関数型特有のプログラミングに四苦八苦している自分にScalaの凄さや良い部分を熱く語ってくれたのが豊島師匠です。
師匠はランチの時も圏論を語るなどScalaで頭がいっぱいでしたが、そんな師匠にみっちり教えてもらい、MVPを頂くことができました!

開催概要

開催日程 8月 1日(月) ~ 8月12日(金) 9:30~18:30(土日祝日を除く9日間)
8月22日(月) ~ 9月 2日(金) 9:30~18:30(土日祝日を除く10日間)
9月 5日(月) ~ 9月15日(木) 9:30~18:30(土日祝日を除く9日間)
応募条件 ・2018年3月までに大学/大学院を卒業予定の方
・エンジニアとしてキャリアを描きたいと考えている方。
・週5日、2週間のインターン期間中、Fringe81オフィスに出勤できる方。
※遠方の方は宿泊場所と交通費を提供します。
インターン内容 実際に提供しているプロダクトの開発業務それに付随する技術検証、もしくはR&D領域業務への参画をお願いします。面談後、各人のスキルに応じてアサインする業務と『師匠』を決定します。
実際に開発現場に入り、師匠に教えを乞いながら、開発・研究の業務を通して自分の頭で考えながら取り組んでいただきます。インターン期間中だけでなく、今後のエンジニア人生でも師匠となるような社員とともに、エンジニアスキルを伸ばしていける場を提供します。
対象の領域・言語としては、Scalaを使った自社広告プロダクトのサーバーサイド開発や新規フレームワークの検証、JavScriptを使った管理画面設計、Swift/Javaで開発している自社アプリの追加機能開発等、を想定しています。
歓迎するスキル ・プログラミングの経験
・自分でアプリやWebサービスなどの開発をした経験
定員 各回8人程度

※参考 技術分野と人数
Scala(各回3名程度)、JavaScript(各回3名程度)、
iOS・Android(各回1~2名程度)、インフラ(各回1~2名程度)
応募締め切り 2016年7月31日 (日) 23:59 締め切り
※応募多数の場合、早期に締め切りを行う可能性がございます。
 予めご了承くださいませ。
勤務地 Fringe81 六本木オフィス
東京都港区六本木6-10-1
 六本木ヒルズ森タワー8F
Googleマップを見る
待遇 交通費支給(遠方の方は宿泊費支給)
日給 1万円 (8時間勤務/日)

エントリー・選考の流れ

下記エントリーフォームよりお申込みください。

※インターン後は、インターンでの成果とその後の面談・面接をもとに内定をお出しします。

エントリー

エンジニアインターンのエントリー受付は終了しました。
たくさんのお申し込みありがとうございました。
希望日



当社は、応募者の皆様の氏名、住所、性別、生年月日、電話番号などのほか、個人情報(特定の個人を識別できる情報)について、 以下の方針に沿って取り扱います。内容に同意の上、ご送信ください。

  1. 当社における個人情報の取り扱いについての基準、運用に関する規程(以下「個人情報保護基本規程」という)を制定し、 個人情報に関する法令等を遵守します。
  2. 収集した個人情報について、本人から自己の個人情報に関して、開示、訂正、削除などの請求や問い合わせを受けた際には、 個人情報保護基本規程に基づいて対応します。
  3. 個人情報の保護に努めるため、以下のような管理を行います。
    1. 個人情報保護責任者(CPO)を選任し、責任の所在を明らかにします。
    2. 個人情報が保存されているサーバー等、情報システムの安全対策を実施します。
  4. 利用目的のため、個人情報に関する作業を外部委託する場合には、規程に従って委託先を選定します。
  5. 個人情報の取り扱い及び管理については、以下の担当窓口で対応します。
    1. Fringe81株式会社 個人情報保護担当室
    2. mail: info@fringe81.com FAX: 03-6804-5199
  6. 本ポリシーは、当社のホームページに掲載し常時閲覧できる状態にします。
  7. 本ポリシー及び個人情報保護基本規程は、法令の改正等に伴い随時見直し及び改善を行います。
このページの先頭へ