社員インタビュー社員インタビュー

予想をはるかに上回る“普通じゃない”キャリア。自分が事業を創り上げる「手触り感」と確かな手応え

柳川小春
新卒3年目
Uniposマーケティングブランドチームリード
柳川小春

「大手に入れば安泰」という風潮に感じた違和感。“理不尽”のない環境で、強みを活かして世の中に貢献したい

―Fringeを選んだのはなぜですか?

私は学生時代、大手企業に行くか資格を取り、安定した人生を歩みたいと考える安定志向の持ち主でした。ですが次第に、周囲の「大手に入れば人生安泰だ」という風潮に違和感を抱き、私は“大手企業に入社するため”ではなく、入社した先で“自分なりの貢献ができるように”勉強に励んできたと気づいたのです。

それから改めて働く意味を考えるべく、まずは自分の得意なことで世の中に貢献しようと決意。幼いころから文章を書くことが大好きだったので、ベンチャー企業の社長のインタビュー記事を執筆するインターンを始め、その活動を通じて視座高く課題解決のために奮闘する社長の姿に憧れを抱き、ベンチャーに興味を持つようになりました。

ベンチャーの中でもFringeを選んだ理由は、「人間関係にストレスがなく、事業も組織も手を挙げれば自らの手で作ることができる」と実感したから。私が中高で所属していた演劇部は年功序列であり、脚本希望で入部するも、最高学年になるまでの4年間はその役割には就けませんでした。年次問わず、一人一人が強みと意思に沿って役割を振り分けられていたら、もっと面白い舞台を創れたかもしれない。そんな風に感じた部活動の経験から、働く上では各々が自分の強みを活かせて、かつ目的から逸れていることは誰でも指摘できる環境を求めていました。達成したい目的のためになら立場関係なく自分の考えを素直に伝えることができるFringeは、まさに私の求める環境でした。

内定者が新規事業開発。新卒でマーケティング、広報担当に

―Fringeで歩む“普通じゃない”キャリアについて教えてください

私は内定者のころ新規事業開発本部で、エンジニアやデザイナーたちと現在の「Unipos」の機能や設計を考えていました。特別なスキルもなく、右も左もわからない内定者という立場でも対等に意見を聞いてもらえるので、何とか貢献しようと無我夢中で取り組んでいました。

半年間答えのない中、皆で試行錯誤して一生懸命に開発した「Unipos」。心の底から良いサービスだと確信していたのですが、テストでご利用いただいたお客様からはポジティブな反応を得ることができず、「本当にお客様の課題を解決できるのだろうか」と不安がよぎることもありました。

しかし、ここで諦めるわけにはいかないと、リリース時になるべく多くの方に魅力的にUniposの情報を届けられるよう奮闘しました。ティザーサイト(製品の一部をリリース前に公開するwebサイト)で使うUniposのコピーを練り直すと(機能は変えていないのに)、1週間で200件超の問い合わせがくる大反響。これが私とマーケティングとの出会いで、改めて言葉の魅力に気づいた経験でした。 現在はUniposのマーケティングチームのブランドリーダーとして、マネジメントに挑んでいます。自分の予想を上回るユニークなキャリアを歩んでいることもあり、毎日が刺激的で、入社前の「Fringeは面白い」という直感を信じてよかったと心から思います。

柳川小春

目の前の目的を達成していけば、スキルは後からついてくる

―柳川さんのキャリア観を教えてください。

入社当初、私は今後どのようなスキルを身につけて、どんなキャリアを築いていこうかと必死に考えていました。マーケティングもPRの仕事もとても楽しいので、それぞれのスペシャリストとして歩む道も考えましたが、それ以上に私の一番の働く動機になっていたのは「Uniposを伸ばすこと」でした。Uniposを広めれば、世の中はReshapeされる。そう確信しているので、そのためにできる最大限の仕事をしたいと考えたのです。そして、内定者時代から関わってきたUniposを世の中に広めようと必死に走り続けた結果、ふと歩んできた道を振り返れば、マーケティングやPR、組織作りに至るまで、自分の得意分野も増え、”普通じゃないキャリア”ができていました。

様々な経験を経て今は、組織や事業を広げる過程で自分のできることに最大限挑み、目的を達成することが結果的にキャリアになると考えています。

柳川小春

学生へメッセージ

今やりたいことがなくても、目指す姿があれば大丈夫。スキルは後からついてきます。自分の殻を破ってチャレンジしたい人は、ぜひ一度話を聞きに来てください!

back